毛深くて腕や脚を出せないカープ女子

私は元から人に見られることが苦手で、中学生のころに毛深いことを自覚してからは、毎日朝と夜に剃り残しがないかを気にしていました。よくよく周りの人たちを見てみると、みんなツルツルで尚更自分のことが恥ずかしくなりました。

私の毛は毛深いということもありますが、毛の1本1本が太いのです。なので、いろいろと調べて部位によって剃り方を変えてみたりもしましたが、剃ったら剃ったで目立つし、剃らなかったら熊みたいになるしで、本当に泣きたくなります。

除毛クリームを試したこともあるのですが、私にはあまり効果がなく、逆に軽い肌荒れがおきてしまい散々でした。

サロンに行くことも考えましたが、近くに場所がなかったということもありますが、それよりもともかくこんな自分を見られたくないという気持ちの方が強くて通うことをあきらめました。

顔は今でもそうですが、毎日人に見られるので1本でも剃り残しがあるのを見つけたら気になってしまって、抜けるまで格闘したり人に見られないようにしたりと大変で、仕事ではもちろん外出するときにはマスクが必需品になっています。顔もですが、特に夏場はどうしても露出面積が広くなってしまうので毎年とても最悪です。

中高のときは制服は半袖になるし、体育の授業では半袖に半ズボンが原則だったので、毎日のように剃り残しがないかをチェックしていました。また、水泳の授業がある前日の夜はいつも憂鬱で、いつも以上に入念にチェックをして水着から出ている部分は腕や脚、脇はもちろんのこと背中に至るまで剃っていました。ですがやはり剃り残しがあり、見つけたときはショックが大きかったとともにとても恥ずかしかったです。

大学に行って就職してからは、夏場でも完全防備に近い恰好をしていました。日焼けを気にしていた部分もありますが、とにかく見られないようにしていました。
やはりケアをしても目立ってしまうというのが一番辛いです。もう少し目立たなくなればといつも思っています。

なので、一度は諦めた脱毛サロンに通いたいと思って探しています。友達がおすすめしてくれたサイトに、広島の医療脱毛も脱毛サロンも載っているので、この中のどこかに行ってみようと思います。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です